Cafe 香逢
ハンディーを持っている人達が、自助努力で運営しているお店です。

◆ホームページも是非ご覧ください◆
Cafe 香逢 HP http://www.t-hw.com/syanhou/
プロフィール

syanhou

Author:syanhou
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


講演・・・自閉症らしく生きる

>> ◆◆◆「自閉症らしく生きる!」◆◆◆
> NPO法人東京自閉症センター主催
>
> 山口大学教育学部 附属教育実践総合センターの
> 木谷秀勝先生をお迎えして、 「自閉症らしく生きる!」をテーマに、
> 当事者の視点からみた支援を考える
> 新しいアプローチの講演会です。
>
> 当日は、(社)日本自閉症協会 東京都支部 
> 高機能自閉症・アスペルガー部会の本人部活動に
> 参加しているアスペ当事者のメンバーと、
> トークセッションも行いながら、
> 「自閉症らしく」生きる道を探ります。
>
> ■スペシャル・ゲスト:木谷 秀勝先生
>  (山口大学教育学部 附属教育実践総合センター)
>
>   パネリスト:アスペルガー当事者
>
> ■ 日時:10月22日(日) 13:30~16:30
>   13:30~14:50 基調講演 「自閉症らしく生きる」木谷秀勝先生
>   14:50~15:00 休憩
>   15:00~15:30 「当事者からの提言」 こうもり氏
>   15:30~16:30 パネルディスカッション
>
>       「当事者の視点から、自閉症を考える」
>
> ■ 会場:文京シビックセンター4階 シルバーホール  
>         *低層階用エレベーターをご利用ください。
>    文京区春日1-16-21 03(3812)7111
>    東京メトロ丸の内線・南北線 後楽園駅 徒歩1分
>    都営地下鉄三田線・大江戸線 春日駅 徒歩1分
>    JR総武線 水道橋駅 徒歩8分
>  
> ■ 参加費:会員1000円/非会員 2000円
>
> ■ 申し込み方法  
>   お申し込みは①お名前②連絡先③会員/非会員を明記のうえ、
>   (社)日本自閉症協会 東京都支部
>   高機能自閉症・アスペルガー部会 事務局まで
>   Eメールまたはファックスでお願いします。
>
>   《MAIL》 aspe@autism.jp 《FAX》 020-4623-1421
>
>
> お申し込みを、心からお待ちしておりま~す(^o^)/
>
>
>

スポンサーサイト

広島ドッグパーク

公園の木々が少し色づき始めました。

昼と夜の温度差が激しいので
東京の紅葉ももうすぐ綺麗に彩られるでしょう。

広島のドッグパークの事件が流れ
あまりの人間の勝手さに
怒りと憤りがこみ上げてきます。

人間の子供の数よりも
飼っている動物の数が上回ったこの時代。
人間なくしてペットは存在出来なくなりました。

人間が手を貸さなければ
ペット達は生きていけないのです。
あんな悲惨な姿にさせるまでに
打つ手はなっかたのか・・・・・。理解に苦しみます。

昨年16才になった愛犬を亡くしました。
そのことが頭をよぎっていきます。
一匹でも多くの犬達が元気になれるように
人間の犠牲にならないように

自分が何をしてあげられるのか。
いろいろな情報を掴みながら
考えてみたいと思います。

祝! 香逢丸五年!

この連休は合羽橋祭で大賑わいでした。

9/26でお店は丸5年目を迎えることが出来ました。
これも 
多くの皆様のご支援と
ご利用いただいているお客様のおかげです。

本当に感謝という言葉につきます。
この場を借りて 御礼申し上げます。
有難うございました!。

これからも驕りなく怯まず焦らず
一日一日 一生懸命努めていきたいと思います。

9月に入り スタッフのメンバーが
足の痛みがひどくなり 歩くのが困難となりました。
とりあえず身体を休ませ 
代替治療の通院などいろいろ試してみることにしました。

以前の彼女でしたら こんな場面の時は
「辞めさせていただきます」と言っていました。
でも 今年は言いません。

2年目の高校生のサポーター。
9月に入った新人のフォローを任せました。
その日の帰り 高校生サポーターが沈んだ顔で

「今日 店長から新人の方に付いて
指導をお願いします。と言われましたが こんなに大変だとは
思っていませんでした。反対に 自分が入りたての頃は
皆さんに迷惑をかけていたことを 今日知りました。
その時に 付いてくれた○○さんにも感謝です。」

誰でも 初めから出来る人はいません。
お店の戦力になるまでは じっーと待つしかありません。
待っても向かない時は その人自身が一番分かるし
次に私にも伝わります。ある時期を越えた時にグッーと延びます。
教えるようお願いしたのは
出来ないもの得意でないものが教えることにより
理解できるし 何よりも人に教える伝える難しさを知りますね。

・・・・数十分話して なんとなく
お互いに涙が出てきました。
○○さんも優しいですが それと同じくらいに貴方も優しい人ですから
頑張ってください。と

その後サポーターに入った高校生は
眼がキラキラ光り 一皮むけました。
今回の大忙しのお祭は 朝から閉店までフル回転。

足腰 痛くなった私を見て
「店長 大丈夫ですか!?」
う・う~ん大丈夫 大丈夫よと苦笑い。
頼もしいネェ。 うちのサポーターは!!!
 








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。