FC2ブログ
Cafe 香逢
ハンディーを持っている人達が、自助努力で運営しているお店です。

◆ホームページも是非ご覧ください◆
Cafe 香逢 HP http://www.t-hw.com/syanhou/
プロフィール

syanhou

Author:syanhou
FC2ブログへようこそ!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Cafeを彩るベース達 Ⅰ

お店を彩るベースのトップバッターは<コーヒー>


「出逢う」って人が知り合うことだけではないとお店を通して、なお一層に痛感しています。このコーヒーとの出逢いもそうでした。
学生の頃,最初は眠気覚ましから始まり、おいしさまでは判らず、ひたすら手頃なインスタントをよく飲んでいました。社会に出て、喫茶店でちょっと一息コーヒータイムが増えた時、知人に誘われ近所のお店に行きました。
それが、「Cafeバッハ」との出逢いです。

まず、驚いたのはスタッフのマナーの良さです。場所柄、泥酔した人や様々な人達が来る中でスマートに応対する姿勢には、頭が下がりました。今こうしてお店をやってられるのも、この時の感動とある尊敬する方との出逢いからです。それは、いつかの機会にお話ししたいと思います。コーヒーの味はもちろん格別でした。まず、香りが最高でした。コーヒーって飲むのではなく、鼻から頭が最初なんだと。この頃、眠気覚ましから味わう趣向に変わり、眠くならないのは、かえって困る様になっていました。それが、ここのコーヒーは不思議と眠くなるのです。何故なんでしょうね!?縁あってCafeをさせていただくことになり、やらせていただけるならば本物でベースを作り上げたかった。だからこそ、コーヒーは「バッハ」!

顔なじみのお客さまが寄って下さり
「店長、私コーヒーってあまり飲めなくて、すぐ残すのよ。だけど、バッハのコーヒーだけは飲めるの。でも、ここのお店のコーヒー飲めるのよ。」怖~いこれが本当のコーヒー通。下町のお客様の舌の超えた凄さです。一言もバッハとは、書いていませんお見事!

三周年目に、バッハの皆さんに祝っていただきました。その時にマスターからいただいた言葉が「自分達のお店を過少評価してはいけない。これかさきバッハは無くなっても、君達のお店は残らなくてはいけない。」その言葉忘れません。頑張ります。

<コーヒー 香逢ブレンド>
 コロンビア・グアテマラなどの4種類をオリジナルにブレンド。マイルドで軽いタッチの飲みやすさに仕上げてあります。濃いコーヒーに慣れている方には 少しアメリカンに感じると思います。香りの高さを味わって下さい。

<アイスコーヒー>
 インド・ケニアなどの3種類のブレンド。これで作るコーヒーぜりーもお薦めです。ぜひ ご賞味下さい。

Cafeバッハはリンクに載っていますのでご覧下さい。

スポンサーサイト

香逢の誕生 <たいとうハンディワーク>

香逢は <たいとうハンディワーク>喫茶部門として生まれました。

<たいとうハンディワーク>とは

台東区内にはいくつかの障害児者団体があります。
その内の4つの団体が基盤となり 

  1 台東区身体障害者福祉協会   
  2 台東区身障児者を守る父母の会
www.homepage3.nifty.com/rinngomura/
3 台東区手をつなぐ親の会
  4 台東区脳卒中リハビリ協会

障害を持つ人達の働く場の拡大と充実を目的に設立されました。
四つの部門から構成されています。
喫茶部門以外は次のような構成となっています。

 (清掃部門) クリーンサービス
   台東区内の特別養護老人ホームや公共施設など計9箇所の日常清掃委託   事業を行っています。

 (接客部門) 売店 アルファ三ノ輪
   三ノ輪福祉センター2階にてお菓子・飲み物類を販売しています。
 
 (ガイドヘルプ部門) あいサポート 
   視覚障害者の皆様のガイドヘルプサービスです。利用用途も拡大され   外出を安全に親切にガイドさせていただいてます。
    電話受付 03-3872-8511 月曜日~金曜日<祝・年末年始除く>
                 午前10時~午後4時まで


*多くの仲間達が明るく元気に働いています。この仲間達と一緒に働いて 下さる清掃部門の補助・指導の方を募集しています。くわしくは事務局ま でご連絡下さい。
  :事務局:台東区千束3-33-15 03-3872-6380 担当 市川



5周年を迎えて

今年2006年9月で<香逢>は丸5年目を迎えます。

当初から、よく質問されたのがお店の名前の読み方です。<シャンホウ>と誰も読んでくれませんでした。全くの当て字です。アロマ<香り・ハーブ>を絡ませ健康で安全でリラックス・リフレッシュしてほしい願いをこめて <香り>の一字。出逢い<逢って学んで 逢って生かされる>という思いから<逢う>を一字。中国に香法シャンホウという、人を癒す方法があり、その意味も掛けました。そして、何よりも読み方の響きが、英語・フランス語・中国語にも聞こえて、ユニバーサル的な優しい言葉に感じたからです。.

「香逢で お茶して行こうか。」と聴こえてくると名前が少しずつ浸透してきているようで嬉しくなります。

改めて書きますが、この店は、ハンディーを持った方を中心に自助努力で経営していく形をとっています。

行政の管轄内のセンターにあるので、どうしてもセンターの職員として勘違いされる方が多くいます。そのたびに、「お客様が来て下さって、初めてなんぼのものです。街の中にある喫茶と同じですので、ぜひ、またご来店して頂ければ有難いです。」とお答えしています。

障害も様々なタイプですが、フォローして下さるサポーターと共に皆一生懸命に仕事に取り組んでいます。

この五年間

一年目は何もかも初めてなので、とりあえず無我夢中。

二年目、やっと耳を傾けて教わっていく準備体制。

三年目、教わったことが少しずつ自主的に動ける。

そして、四年目は基本の流れが安定し.、一人ひとりが他の店にはない魅力ある個性の戦力になれればと思います。

今年の香逢の目標は<焦らず・怯まず・驕りなく・笑顔で>頑張ります。

ご来店 お待ちしています。

そして この戌年。英語で犬は<DOG>逆さにすると<GOD>です。神様です。

世界中がいっぱいの奇蹟に包まれ、平和な一年でありますように切に願います。

今年も 宜しくお願いします。

*月刊「浅草」一月号 P20浅草往来(201)香逢がちょっと顔を出しています。
  ご一読の程。 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。